研究奨励賞 受賞者一覧

●平成30年度(2018年度)
入江 亘、塩飽 仁、名古屋祐子
「小児がんを経験した子どもの親の心的外傷後成長を構成する要素-慢性疾患をもつ子どもの親との対比-」13巻1号

●平成29年度(2017年度)
小澤典子、古谷佳由理、石川由美香
「転院をして陽子線治療を受ける子どもの母親の体験」11巻1号

●平成28年度(2016年度)
斉藤正恵、黒田光恵、小林京子、玉村尚子、横山由美
「終末期にある小児がん病児の同胞への支援の検討」10巻1号

鈴木さと美
「幼児・学童期に脳腫瘍を発症した思春期患者の学校生活と親の思い・関わり」11巻1号

●平成27年度(2015年度)
畑江郁子
「小児がん治療を終了した青年の病気体験」8号

飯田純子、住吉智子
「小児がん経験者の闘病体験とレジリエンスとの関連性」8巻

●平成26年度(2014年度)
竹尾奈保子、廣瀬たい子、岡光基子、寺本妙子、矢郷哲志、岡林優喜子、井桁洋子
「血液・免疫疾患の乳幼児と母親の母子相互作用の特徴と関連要因」9巻1号

[ 審査員賞 ]
石川由美香、鮎澤香、古谷佳由理
「陽子線治療を受ける小児患者に対するプレパレーションの効果」7巻