日本小児がん看護学会定款施行細則

第1条 この定款施行細則は、日本小児がん看護学会定款第56条に基づき、日本小児がん看護学会の運営に必要な事項を定める。

(理事の選任)
第2条 理事の選任は、任期満了直前の総会で行う。
2 理事は、会員の中から立候補あるいは他の会員からの推薦によって選出され、理事会による推薦を受け、総会において選任される。
3 理事の候補者になろうとするものは、理事会で定められた期日までに理事長に届け出る。
4 任期は、定款第15条に基づき、選任された翌年の1月1日から2年間とする。

(監事の選任)
第3条 監事は、会員の中から立候補あるいは推薦によって選出され、理事会による推薦を受けて、総会において選任される。
2 監事の候補者になろうとするものは、理事会で定められた期日までに理事長に届け出る。
3 任期は、定款第15条に基づき、選任された翌年の1月1日から2年間とする。

(学術集会長の選任)
第4条 学術集会会長は、理事会によって選任され、総会にて報告される。

(学術集会)
第5条 学術集会は会長主催のもと、年1回開催とする。
2 学術集会での口演・示説発表者は、共同演者も含め全員が日本小児がん看護学会・日本小児がん学会・日本小児血液学会いずれかの会員であることを原則とする。但し、学術集会長あるいは理事長から依頼された発表者についてはこの限りではない。
3 学術集会開催期間中に、通常総会を開催する。
4 通常総会の議長は学術集会長が行う。

(組織の構成)
第6条 本学会の運営組織として、事務局をおく。
2 事務局には事務局長をおき、庶務・会計をおく。
3 事務局長は理事長が指名する。

(委員会)
第7条 理事会は、定款第5条に基づき、各業務執行のために委員会を設置する。
2 委員会の設置および解散は、理事会の議決により理事長が定め、総会に報告する。
3 常設委員会は次のとおりとする
(1) 教育委員会
(2) 編集委員会
(3) 将来計画委員会
(4) 国際交流委員会
(5) ケア検討委員会
(6) 学術検討委員会
(7) 広報委員会
4 その他の委員会は必要に応じて設置することができる。
5 委員長は、原則として理事会で選出された担当理事を持ってあて、理事長が指名する。
6 委員は、原則として理事または会員の中から委員長が指名し、理事会の承認を得る。
7 理事長は必要に応じて関連領域の専門家に委員を委託することができる。
8 委員の任期は2年間とし、再任を妨げない。
9 委員は必要に応じて理事会に参加することができる。ただし議決権はもたない。

(学会誌)
第8条 学会誌は年1回以上発行する。
2 学会誌の編集ならびに発行に関する業務は編集委員会が所轄する。
3 学会誌での筆者は、共同研究者も含めて日本小児がん看護学会会員であることを必要とする。但し、編集委員長から依頼された原稿についてはこの限りではない。

(名誉会員の推薦)
第9条 名誉会員は、学術集会長経験者あるいは理事または監事を務めたもので、この法人の発展に特別に功労のあった者の中から理事会が推薦し、総会で承認された個人とする。

(会費納入)
第10条 会員は、毎年会費を納入しなければならない。
2 会費は、正会員は年間7,000円、賛助会員は(個人)年間1口10,000円以上、(団体)年間1口50,000円以上とする。
3 名誉会員は会費の納入を要しない。
4 会員が2年間会費を納入しない場合は、会員の資格を喪失する。

(細則の改廃)
第11条 この細則の改廃は定款第56条により理事会の議決を経て、理事長が総会に報告する。

附則
この細則は平成22年9月1日より実施する。
この細則は平成25年1月27日より実施する。
この細則を平成25年4月20日より実施する。