学会ニュース

学会誌「小児がん看護」第13巻1号の目次を公開いたしました

トップページの下方に設置してある「学会誌掲載論文」バナー内の「研究論文を閲覧する」からご覧になれます。

第二回「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウムを開催のご案内

日本小児がん看護学会のみなさま

このたび、第二回「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウムを開催する運びとなり、ぜひ皆様にご参加していただきたく、ご連絡を差し上げた次第です。
詳しい開催の概要は下記もしくは下記リンクのPDFをご参照ください。
第二回「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウム チラシ(PDF)ファイル

【主催】「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウム開催実行委員会
【日時】2018年10月21日(日)13:00~18:00(終了予定)
【会場】国立成育医療研究センター講堂
【募集】150名先着:対象は一般の方・学生・患者家族・シンポジウム趣旨に関わる各専門家
【費用】無料
【協賛】株式会社スガワラ企画・株式会社ケイズ
【協力】小児脳幹部グリオーマの会・小児脳腫瘍の会・旭くん光のプロジェクト・
トルコキキョウの会・NPO法人脳腫瘍ネットワーク・
NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト
【後援】NPO法人日本小児がん研究グループ(JCCG)・国立成育医療研究センター・
読売新聞社・朝日新聞社・毎日新聞社横浜支局・神戸新聞社・琉球新報社・
相模経済新聞社

【お申込みフォーム】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfqm-hVWr7m5pY84OaeAzbaR7pFujFX1zP5eMdz2v1HjP9Rvg/viewform

第一部「DIPG における日本の治療開発」パネルディスカッションでは、登壇者による国際共同治験を含めた、DIPG新規治療開発やご経験、展望など議論したいと思います。
また、国内からシーズが出てこない理由をご登壇者様の立場から可能な限りお話いただき、今後の対策に結び付くことを願っております。

第二部「DIPG における緩和ケアの在り方」パネルディスカッションについては、緩和ケアの定義が周知されてないため、医療・福祉・行政・国民の理解が第一歩と考え、身体や心の苦痛をアセスメントし、より良いQOL(生活の質)の向上に繋がるように議論したいと思います。

第二回では観客の皆様もご参加いただくワークショップ会議を行います。ワークショップ会議とは、ご参加者様10名~12名程度で1グループを作り、「DIPG における日本の治療開発」、「DIPG における緩和ケアの在り方」について、「課題・現状・対策」を参加者皆さんで議論していただきたいと思います。

本会にご参加を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

「小児脳幹部グリオーマ(DIPG)」シンポジウム開催実行委員長
高木伸幸
【公式HP】:https://dipg.jimdo.com/

学会誌「小児がん看護」第12巻1号を公開いたしました

トップページの下方に設置してある「学会誌掲載論文」バナー内の「研究論文を閲覧する」からご覧になれます。

理事長挨拶を公開いたしました

学会の組織図と委員会のミッションを公開いたしました

ニュースレター Vol.27を発行いたしました

学会が定期発行している会員向けニュースレター(会報誌)の2018年夏号 Vol.27を発行いたしました。
トップページ下方のバナーまたは下記のリンクからアクセスしてください。

日本小児がん看護学会 ニュースレター ライブラリ

ニュースレターはどなたでもご覧いただけます。

平成30年度研究助成金公募の受付を開始いたしました

応募期間は、平成30年7月1日から平成30年8月15日(必着)です。
詳細は,研究助成のページをご参照ください。

研究助成のページ

第16回学術集会の演題募集期間を再度延長しました

日本小児がん看護学会 会員各位

6月20日(水)まで延長しておりました、第16回日本小児がん看護学会学術集会の演題募集を、再度延長することにいたしました。
新しい演題募集の締め切りは、平成30年6月24日(日)23時59分です。
登録されていない場合は、ぜひこの期間にご登録くださいますようお願い致します。

演題登録は、以下の学術集会ホームページより行ってください。
http://www.c-linkage.co.jp/jspho2018/abstracts.html

多くのみなさまの演題登録ならびに学術集会へのご参加を、心よりお待ちし申し上げます。

第16回日本小児がん看護学会学術集会
会長 堀 妙子(京都橘大学看護学部)

第15回小児がん看護研修会のご案内

日本小児がん看護学会 会員各位

今年の研修会は、「小児がん患者の在宅移行」をテーマとし、講演の他、在宅移行の実際について、病院、在宅の看護の立場、また経験されたご家族の立場から話題提供をいただきます。さらに、事例を用いて、「お家ですごしたい」難治性の小児がんの子どもの在宅移行について、その調整や、意思決定支援に関するグループワークを計画しております。実際には、なかなかお一人お一人の経験は少ないかもしれませんが、在宅移行が考慮される小児がん患者の「その子らしさ、家族らしさ」を支える看護を皆様と共に考えていければと思い、下記のように計画いたしました。

テーマ小児がん患者の在宅移行~その子らしさ、家族らしさを支えるために~

期日:2018年8月25日(土) 10:00~16:00(受付9:30~)
会場:国立成育医療研究センター 講堂
〒157-0074 東京都世田谷区大蔵2-10-1
プログラム:
【第1部 講演 】
10:00~11:00
「小児がんの在宅移行について」
講師:群馬県立小児医療センター 血液腫瘍科 医師 朴 明子 先生

11:05~12:30
「予小児がん患者の在宅移行の実際」
・病院の立場から
話題提供:三重大学医学部附属病院 小児トータルケアセンター 看護師 奥野祐希 氏
・訪問看護ステーションの立場から
話題提供:医療法人財団はるたか会 訪問看護ステーションそら 看護師 木内昌子 氏
・患者家族の立場から

【第2部 グループワーク:事例検討】
13:40~14:50 グループワーク①「在宅移行にむけて必要な調整」
15:00~15:45 グループワーク②「家族の意思決定を支援する際のコミュニケーション」
15:45~16:00  意見共有・まとめ

申し込み方: 下記のポスターファイル(PDF)をご参照ください
第15回小児がん看護研修会ポスター

第16回学術集会の演題募集期間を延長しました

日本小児がん看護学会 会員各位

本日締切となっておりました、第16回日本小児がん看護学会学術集会の演題募集を、平成30年6月20日(水)23時59分まで延長いたしました。
以降延長する予定はありません。
まだ登録されていない場合は、この期間にご登録くださいますようお願い致します。

演題登録は、以下の学術集会ホームページより行ってください。
http://www.c-linkage.co.jp/jspho2018/abstracts.html

多くのみなさまの演題登録ならびに学術集会へのご参加を、心よりお待ちし申し上げます。

第16回日本小児がん看護学会学術集会
会長 堀 妙子(京都橘大学看護学部)