学会ニュース

東京大学 ヘルスクオリティー・アウトカムリサーチ(HQOR)セミナー開催のご案内

日本小児がん看護学会のみなさま

さて、平成29年4月に東京大学医学系研究科附属グローバルナーシングリサーチセンターが設立されました。その一部門であるヘルスクオリティ・アウトカムリサーチ分野では、ヘルスクオリティを評価できる方法論の開発、当事者による評価をアウトカムに据えた研究の展開、アウトカムベースで効果的かつ至適化された看護システムに関する知見の創出を行っています。
当分野では、2018年3月にヘルスクオリティー・アウトカムリサーチ(HQOR)セミナーを開催いたします。セミナーでは、小児がん患者やその家族のヘルスクオリティやアウトカム の向上を目指した看護・ケアに関する研究に長年携わっているPamela Hinds先生を講師としてお招きし、様々なお話を拝聴できる貴重な機会となっております。
みなさまのご参加をお待ちしております。

【日時】 2018年3月12日(月)、13日(火)、14日(水)、15日(木) 10:00〜15:00
【講師】 Pamela S Hinds先生
Director, The Children’s Research Institute, Children’s National Health System
【場所】 東京大学医学部3号館S101
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_04_j.html
【対象】 臨床の看護師、ポスドク、教員、大学院生(博士後期課程)
※ 基礎的な研究知識・手法を身に付けていることを前提する
(例えば、文献検索によるシステマティックレビューの仕方、文献の批判的吟味等)
※ 基礎的な量的研究・統計手法の知識を前提する
(例えば、度数分布表の作成、平均値と標準偏差の算出、相関係数に関する知識等)
【概要】 本セミナーでは、複数項目により構成される潜在概念の原理や測定方法に関する講義
を行った上で、文献検索やインタビュー調査等の演習を通じ、アウトカム・インジケ
ーターを作成・評価ができることを目的とします。
【日程】 3月12日(月)構成概念・多項目尺度と指標
3月13日(火)尺度作成のプロセス
3月14日(水)尺度の評価(1):実施可能性、内容・表面妥当性
3月15日(木)尺度の評価(2):信頼性、概念妥当性
【参加費】 無料
【申込手順】 ①氏名、②年齢、③所属、④専門分野を記入の上、todaikazoku-jimu@umin.ac.jp
まで、ご連絡ください。

ヘルスクオリティー・アウトカムリサーチ(HQOR)セミナーチラシ(PDF)ファイル

小児脳幹グリオーマの会 全国こどもホスピスサミットのご案内

日本小児がん看護学会のみなさま

このたび、国内初「全国こどもホスピスサミット」を開催する運びとなり、ぜひ皆様にご参加していただきたく、ご連絡を差し上げた次第です。
詳しい開催の概要は下記をご参照ください。

ご参加を希望される方は、参加者氏名、職業、連絡先を明記の上、contact@childrenshospice.yokohamaまでご連絡をお願い致します。
また、下記の口座に資料代(1,000円)のお振り込みをお願いいたします。

振込先 ゆうちょ振替専用口座
口座番号 00260-9-104518
口座名義 トクヒ)横浜こどもホスピスプロジェクト

第1回 全国こどもホスピスサミット in 横浜
~命の脅かされている子どもと家族の在宅支援施設「こどもホスピス」の本来の言葉に込められた意味と理解を全国へ広めよう~

【主催】 NPO法人 横浜こどもホスピスプロジェクト
【日時】 平成30年2月11日(日) 13時30分開場 14時開演予定
【会場】 かながわ労働プラザ 3階 A・Bホール (神奈川県横浜市中区寿町1-4)
【参加】 資料代として1,000円
【趣旨】 私たちは病気や障がいがある子どもと家族の在宅支援施設としたこどもホスピスを横浜に設立する準備活動を続けています。日本国内では、こどもホスピスは病院が経営されている医療型の「淀川キリスト教病院こどもホスピス」と民間団体が運営している
「TSURUMIこどもホスピス」の2か所しかありません。普段から子どもの命と向き合ってる医療関係者と大阪市でこどもホスピスを運営している団体とこれから開設しようとしている団体代表に横浜にお集まりいただき、講演やシンポジウムを通して小児緩和ケアの現状を全国へ発信したいと考え企画しました。

【 住 所 】:〒252-0235神奈川県相模原市中央区相生3-3-9
【 TEL 】:042-719-1751  携帯090-3336-6741
【 メールアドレス 】:nobutin46621@yahoo.co.jp

「小児脳幹部グリオーマ(DIPG)」シンポジウム開催実行委員会
実行委員長 高木伸幸

全国こどもホスピスサミット チラシ(PDF)ファイル

第16回日本小児がん看護学会学術集会のweb siteが公開されました

第16回日本小児がん看護学会学術集会のご案内

第16回日本小児がん看護学会学術集会が下記の要項で開催されます。
皆様の演題登録,ならびにご参加をお待ちしております。

会期:2018年11月14日(水)-16日(金)
会場:ロームシアター京都/京都市勧業館みやこめっせ
会長:堀 妙子(京都橘大学看護学部 教授)

演題募集期間:2018年5月中旬-6月中旬(予定)

ウェブサイト:http://www.c-linkage.co.jp/jspho2018/index.html
ポスター(PDFファイル):http://www.jspon.com/doc/jspon2018.pdf

ニュースレター Vol.26を発行いたしました

学会が定期発行している会員向けニュースレター(会報誌)の2017年秋号 Vol.26を発行いたしました。
トップページ下方のバナーまたは下記のリンクからアクセスしてください。

日本小児がん看護学会 ニュースレター ライブラリ

ニュースレターはどなたでもご覧いただけます。

学会誌「小児がん看護」第12巻1号の目次を公開いたしました

トップページの下方に設置してある「学会誌掲載論文」バナー内の「研究論文を閲覧する」からご覧になれます。

第15回学術集会 プログラム/日程表および託児所についてのご案内

第15回日本小児がん看護学会学術集会を、愛媛県松山市ひめぎんホール(愛媛県民文化会館)にて
2017年11月9日(木)~11月11日(土)の期間、開催いたします。
学術集会に関する以下の内容について、会員の皆様にご案内いたします。

○第15 回日本小児がん看護学会学術集会のプログラム/日程表について
第15 回日本小児がん看護学会学術集会のプログラム/日程表をホームページに掲載いたしました。
http://www.c-linkage.co.jp/jspho-jspon2017/program.html
看護に関する講演、一般口演及びポスター等は、主に11月10日〜11月11日に行われます。
学術集会の詳細なプログラム内容(演題名及び演者)については、近日中にホームページに掲載予定です。

○託児所の利用について
託児所の利用については、2017年10月10日(火)までに、以下のホームページからお申し込みください。
http://www.c-linkage.co.jp/jspho-jspon2017/nursery.html

○学術集会抄録集について
学術集会抄録集は、現在、日本小児がん看護学会会員の方で、平成29年度の年会費納入手続きを完了いただいている方に、10月中旬頃に発送いたします。今しばらくお待ちください。

第15回日本小児がん看護学会学術集会
会長 薬師神裕子

第15回日本小児がん看護学会学術集会 採択演題ならびに発表日時のご案内について

■第15回日本小児がん看護学会学術集会 採択演題ならびに発表日時のご案内について■

平成29年11月9日(木)〜11月11日(土)に開催されます第15回日本小児がん看護学会学術集会の採択演題(一般演題)一覧ならびに発表日時を公開しましたので、お知らせいたします。

以下のHPより、発表形式・発表資格・日時等詳細についてご覧ください。

http://www.c-linkage.co.jp/jspho-jspon2017/abstracts15.html

 

第15回日本小児がん看護学会学術集会
薬師神裕子

学会誌「小児がん看護」第11巻1号を公開いたしました

トップページの下方に設置してある「学会誌掲載論文」バナー内の「研究論文を閲覧する」からご覧になれます。

学童・思春期に死を迎える子どもと家族への看護:明日からできそうな事、続けていくと良いこと に関する資料を公開いたしました

去る2017年8月26日(土)、国立成育研究医療センターにて開催された第14回小児がん看護研修会「学童・思春期に死を迎える子どもと家族への看護」で行われたグループワークの成果を公開いたしました。ぜひご参照ください。
本サイトのメニューの「ダウンロード」の「掲載日:2017年09月01日」の記事タイトルをクリックしてダウンロードすることができます。
下記のリンクから直接ダウンロードすることもできます。

日本小児がん看護学会主催 第 14 回小児がん看護研修会 グループワーク成果
学童・思春期に死を迎える子どもと家族への看護:明日からできそうな事、続けていくと良いこと

第一回「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウム開催のお知らせ

日本小児がん看護学会のみなさま

このたび国内初「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウムを開催する運びとなりました。
目的につきましては、小児脳幹部グリオーマ(DIPG)に関わる問題の現状把握、
各専門家が共通認識し、ご意見を頂き最適解を得るためのシンポジウム開催となります。
終末期の子供たちに支援が必要な事、また国内ではほとんど研究がされていない現実を知っていただくために、ぜひ皆さまにご参加いただきたいと思いご連絡させていただきました。
ご都合がつきましたら大変お手数ですが、お申込みは下記、公式サイトよりご入力いただき送信して頂きたいと思います。

リンク 「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウム公式サイト

シンポジウム開催概要
【主催】「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウム開催実行委員会
【協賛】小児がん撲滅を目指す「トルコキキョウの会」 ・株式会社オルフィックデザイン
【協力】小児脳幹部グリオーマの会・小児脳腫瘍の会・旭くん光のプロジェクト・
NPO法人脳腫瘍ネットワーク・NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト
【後援】日本小児がん研究グループ(JCCG)・相模経済新聞社・読売新聞社・神戸新聞社・琉球新報社
【日時】2017年10月28日(土曜)13:00~17:45(終了時間予定)
【会場】国立成育医療研究センター講堂
【参加費】無料
【参加者】100名~150名先着順
【参加対象】一般の方・学生・患者家族・医療・福祉、行政、シンポジウム趣旨に関わる各専門家

小児脳幹部グリオーマの会 署名プロジェクトリーダー
http://glioma-net.com/

トルコキキョウの会 代表
http://torukokikyounokai.jimdo.com/

DIPGシンポジウム開催実行委員長
高木伸幸